当サイト絶賛毎日更新中! うしのようにうんうん押しています

【実践】知っておきたい クレームトラブル対応術<お怪我編>

30年以上も接客業に携わってきました。

この経験を活かして、さまざまな人間模様を学んできました。

世の中にあまたある対応方法は、けっして事例が同じではありません。

ヒトの主張は千差万別ですからね。

それでも私が経験し、特に難しく苦労したケースを

お伝えして、みなさまのお役に立てれば何よりです。

激突 お客様お怪我編

 

 

【経験1】お客様の赤ちゃんがエレベーターに挟まれた

その時、エレベーター付近でアテンドしていた係員は、ゲストに目配せをしていた。

人の往来が多い時間帯は、誘導が必要だ。

脇から幼児を抱っこひもでかかえた若いママが近づいてくる。

エレベーターには宴会が終わったばかりの初老数人が乗り始めていた。

ママがドアが閉まる直前に入ろうとしたので、係員が制止…が間に合わなかった。

閉まりかけた左右ドアに、赤ちゃんの頭が挟まれたのだ。

(のちに検証すると、初老数人のうちの男性がエレベーター内のドア閉ボタンを押していたのだ)

火をつけたように泣く幼児。若いママも驚いたが、目の前には手を差し伸べていた係員がいた。

ママ「あなたが、入れと誘導したのではないか」

赤ちゃん「うぎゃー!!わー!」

係員「いえ、私は逆に…」

赤ちゃん「うわー!わわわわ」

ママ「ぶつかったのは何でなのっ」

 

 

 

 

いずれにしても人生は長い。前にいったり、後ずさりしたり。

つまづいても、いつでもリスタートするために。

最新情報をチェックしよう!
>シアワセ ライフ

シアワセ ライフ

長いみちのり。つまづいても、リスタート。